So-net無料ブログ作成

予算案で菅財務相、公共事業依存からの脱却強調 参院予算委(産経新聞)

 参院予算委員会は5日午前、鳩山由紀夫首相と関係閣僚が出席して平成22年度予算案に関する一般質疑を行った。菅直人副総理・財務相は予算案について「従来の予算が公共事業に依存して景気対策にあたっていたのを『国民生活が第一』の理念で大きく組み替えた」と述べ、自公政権時代の予算との違いを強調した。

 民主党の大島九州男氏の質問への答弁。この後、自民党の佐藤正久氏が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を中心に首相の見解をただす。自民党の衛藤晟一氏は北海道教職員組合(北教組)幹部による政治資金規正法違反事件など「政治とカネ」の問題を追及する。

【関連記事】
公共事業の入札、技術評価を企業に通知 透明性向上で国交相
“参院民主の乱” 「公共事業止めるな」 子ども手当「評判悪い」
予算案衆院通過 利益誘導政治を憂慮する
「切れ目ない景気対策」…浮揚効果は? 来年度予算の年度内成立が確定
余裕ない地方財政 21年度の経常収支比率は92・8%

直嶋経産相 低レベル廃棄物受け入れを 青森県知事に要請(毎日新聞)
里見女流名人を島根県立大社高OBが表彰(スポーツ報知)
北教組事件 書記長ら資金捻出か 解散先送りで一時は資金難にも…(産経新聞)
<流しびな>園児たちが願い事書き人工の川に 名古屋(毎日新聞)
党のあり方など話した…? 小沢氏との会談で鳩山首相(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。